尿漏れなどの加齢によって起きる症状を華麗に対処していこう

笑顔の高齢女性

更年期障害の解消法

第二次性徴期と更年期

杖をつく手

第二次性徴期になると、女性の体ではエストロゲンの分泌がさかんになり、それによって妊娠出産が可能な状態になります。ところが更年期になると、逆にエストロゲンが分泌されにくくなり、それによって妊娠しにくい体になっていきます。 いずれの場合も、女性の体にとっては大きな変化なので、それに対応できるようになるまで体には色々な症状が起こるようになります。たとえば第二次性徴期には、ニキビができやすくなったり、バストが張ったり、下腹部が痛むようになったりします。そして更年期には、更年期障害と呼ばれている、顔のほてりや腰痛や不眠などの症状が起こるようになるのです。 第二次性徴期は将来の妊娠に必要なことなので、食い止めるような治療は基本的におこなわれませんが、更年期障害に関しては、治療がおこなわれています。更年期障害の原因はエストロゲン不足ですから、薬や注射でエストロゲンを補充することで、治療がおこなわれています。体内でエストロゲンが分泌されにくくても、外部から補充することで、ホルモンバランスは安定していくのです。

プロゲステロンとあわせて補充

また、女性の体内ではプロゲステロンというホルモンも分泌されているのですが、これはエストロゲンを抑える働きをしています。プロゲステロンとエストロゲンの両方が適度に分泌されることで、ホルモンバランスは良い状態を保ちやすくなるのです。 したがって更年期障害の治療では、エストロゲンだけでなくプロゲステロンも一緒に補充されることが多いです。エストロゲンが不足しているからと、そればかりを補充していると、やはりホルモンバランスの乱れを招いてしまうからです。たとえば、乳腺が発達しすぎて乳がんのリスクが高くなる可能性もあるのですが、プロゲステロンも補充することで、それは防がれます。 両方のホルモンが補充されることで、女性の体は第二次性徴期のようにバストが膨らんだりヒップが丸みをおびてきたりします。そのためこの治療は、更年期障害の症状を抑えるだけでなく、見た目を若々しくするためにも有効なのです。